信楽焼きで有名な滋賀県甲賀市にある旅館

滋賀県南部にある甲賀市は狸の焼き物で有名な信楽焼きの産地です。そんな滋賀県甲賀市にある旅館「甲賀忍びの宿宮乃温泉」は、忍者の古里と言われる甲賀にある一軒宿の旅館ですので、のんびりゆったりと過ごすことが出来ます。名神高速道路栗東インターチェンジから車で約40分のところにある旅館です。最寄りの駅はJR草津線甲南駅になります。甲賀旅館の口コミ。忍者屋敷を思わせる建物で、はがくれ庵と呼ばれるお部屋は屋根裏部屋があり、忍者屋敷の雰囲気が感じられます。全館廊下が畳敷きになっていて、バリアフリー対応になっています。露天風呂付きのお部屋も3タイプあり、浴槽は信楽焼きの浴槽になっています。家族野天風呂「かくれ蓑」は狸の置物の酒壺からお湯が信楽焼きの浴槽に流れる情緒ある演出がされています。大浴場は木の湯船でミストサウナが設置されています。お食事は近江、甲賀地方の四季の素材を使った郷土懐石料理が用意されています。「一日一組のお宿畦(aze)」は、文字通り、一日一組のお客様だけが宿泊できる旅館です。JR貴生川駅から送迎が行われています。車で行く場合は新名神高速道路甲賀土山インターチェンジから30分ほどのところにあります。建物は築100年以上の古民家で田舎の趣溢れる旅館です。本物のカマドがあり、そのカマドで炊いたご飯が出されます。お食事は近江しゃも鍋や、旅館の創作料理が並びますし、夏場にはお庭でバーベキューや花火なども出来ます。

滋賀県の琵琶湖北部にある奥琵琶湖の旅館

滋賀県琵琶湖の北部は奥琵琶湖と呼ばれ、琵琶湖の奥座敷と言われています。そんな奥琵琶湖にある旅館、「旅館紅鮎」は、JR北陸本線高月駅から車で10分ほどのところにある旅館です。旅館の温泉は尾上温泉と言われるアルカリ単純泉で、体に刺激が少なく神経痛やリウマチに効果があります。温泉露天風呂付きのお部屋もあり、ゆっくりと温泉を楽しめます。マッサージチェアもお部屋にあるのでお風呂上りにゆっくりと寛ぐことが出来ます。お部屋からは琵琶湖を望むことが出来ます。5月末から6月中旬までホタル観賞会を案内していて、夕食後に旅館近隣のあぜ道沿いのホタルを鑑賞しに行けます。お食事は京風会席、鮎会席や鴨すき、近江牛ステーキや鴨鍋会席など、豪華なメニューを堪能できます。「鈴乃や清泉閣」は、JR木之本駅から2分のところにある風雅な旅館です。長浜観光の拠点にするにもぴったりの旅館です。琵琶湖周辺をサイクリングする人の為の宿泊プランもあります。温泉は弱アルカリミネラル泉で、肩凝りや疲労回復に効果があります。<奥琵琶湖旅館情報!>家族風呂として貸し切りで利用することも出来ます。お食事は旅館自慢の五銚子鍋や紅樹なべなどの地元食豊かなお料理を頂けます。奥琵琶湖の「須賀谷温泉」は、小谷城跡近くにあり、戦国時代の史跡が多く残る土地で、歴史散策の拠点にぴったりの旅館です。<全国ホテル情報>赤褐色の温泉は江姫も産湯を浸かったと言われており、アトピーや胃腸病などに効果があると言われています。

琵琶湖西岸に位置する湖西地域にある旅館

滋賀県の琵琶湖西岸にある地域を湖西と呼び、大津市やマキノ町が湖西にあたります。そんな滋賀県湖西地域にある旅館「宝船温泉湯元ことぶき」は、琵琶湖畔沿いの閑静な大人の旅館です。JR近江高島駅からタクシーで5分ほどのところにあります。夏は海水浴客で賑わう近江白浜水泳場がすぐ近くにあります。全6室の旅館なので、きめ細かいサービスが受けられます。お風呂は天然温泉で泉質は単純炭酸鉄泉で、やや茶褐色の濁ったお湯は美肌に効果があると謳われていて、美人の湯とも言われています。お食事は、本物志向の料理雑誌dancyu(ダンチュウ)に掲載されたこともある旅館自慢の地元湖西の季節の素材を使った珍しいお料理が品数豊富に提供され、琵琶湖で獲れたお魚はもちろん、A5等級の近江牛を使ったクリームシチューなど、この旅館でしか味わえない逸品をお部屋で頂きます。「マキノ白谷温泉八王子荘」は、関西では有名な天然ラドン温泉の旅館です。マキノ駅からバスに乗ってマキノ高原線マキノ白谷温泉を降りてすぐのところにあります。4名以上ならば旅館から送迎を行っています。温泉の泉質は低張性弱アルカリ性泉で、関節痛や疲労回復に効果があります。マキノスキー場が近くにあるので、冬はスキーを楽しめます。湖西の人気旅館を比較する!お料理は四季折々の地元の素材を使用した旅館自慢の会席料理や、ちゃんこ鍋、ボタン鍋などが楽しめます。

琵琶湖の南部にある滋賀県守山市のホテル

滋賀県の琵琶化の南部にある守山市は、近年近畿地方のベットタウンとして高い人口増加率を誇る都市です。そんな守山市にあるホテル「ホテル近江守山」は、JR東海道線守山駅から徒歩4分のところにある交通至便なビジネスホテルです。ホテルの近くにはコンビニやドラッグストアもあり何あった時にとても便利です。ホテル全室にハイビジョン液晶テレビとトイレにウォシュレットを完備し、インターネットも全室無料で使用できます。「守山 ホテル」なら宿らんは必見!熟年ご夫婦限定のプランがあり、どちらかが65歳以上ならばホテル料金を通常料金より10%オフにしたプランや、女性限定の10%オフプランなどがインターネット予約限定の特典として行われています。「守山アートホテル」は、守山市の市街地中心にあるホテルで各観光スポットにもアクセスが便利です。守山駅からはタクシーで6分、バスで10分ほどのところにあります。ホテル前の駐車場を無料で利用できるので車での利用にも便利です。大型車も予約制で利用できます。2012年3月に全室をリニューアルしたので、とてもきれいで快適です。お風呂とトイレが完全独立しているのでお風呂を広々と使うことができます。禁煙室と喫煙室が分かれているので快適に過ごせます。朝食は、隣接しているファミリーレストランジョイフルで取る事ができ、24時間利用できるので時間を気にせず食事を取ることが出来ます。

琵琶湖の東岸、近世の街並み色濃く残る近江八幡の旅館

滋賀県中部、琵琶湖の東岸に位置する市、近江八幡。旧市街地には八幡堀や近世の町並み景観が色濃く残ります。安土城跡を中心に、国の史跡に指定される城跡や遺跡も多く存在する近江八幡は、遊歩百選にも選出されるほど見どころ豊富な地域。そんな、近江八幡の旅館をいくつか、ご紹介します。近江八幡旅館の口コミ情報サイトです。

琵琶湖の中にある島、沖島に建つ「湖上荘」。島の西端に位置し、琵琶湖大橋や比叡山を一望、さらには素晴らしい夕陽を堪能することのできる旅館です。人口約400人の沖島は淡水湖ですが、世界的にも淡水湖の中の島で人が生活しているのは珍しいのだとか。昔のままの自然が残り、流れる時間がゆっくりと感じられる沖島では、喧騒を忘れた贅沢な時間を過ごせます。食事では、滋賀県のスローフード「鮒ずし」のほか、鯉の煮付け、鮎の若炊きといった琵琶湖の恵みいっぱいの料理を味わうことができます。

「休暇村 近江八幡」は、広大な琵琶湖が目の前に広がる、絶景が魅力の湖畔の旅館。水郷めぐりや近江商人の街並みをめぐる観光の拠点としても便利な立地です。穏やかな琵琶湖を眺めながら入浴できる「宮ヶ浜の湯」は、平成15年にオープンした近江八幡初の天然温泉。関節痛や神経痛、疲労回復や冷え性にも効果があるといわれます。食事はなんといってもブランド牛の「近江牛」。しゃぶしゃぶ、すき焼き、会席のほか、ステーキ、ビーフシチューなどの一品料理として楽しむこともできます。

琵琶湖の東岸、近世の風情残る城下町、近江八幡のホテル

滋賀県の中部、琵琶湖の東岸に面した市、近江八幡。豊臣秀次が築いた城下町が基礎となって発展してきた商業都市で、近世の風情が残る街並みは保全の対象に指定されており、時代劇の撮影にもよく使用されるとか。また、水郷としても広く知られ、重要文化的景観にも選定されています。そんな近江八幡のホテルをいくつかご紹介します。

「グリーンホテルYes近江八幡」は、JR近江八幡駅から徒歩7分の好立地。「近江八幡 ホテル」なら宿らんは必見!希望すればサービスで駅までの送迎もしてくれます。また、無料駐車場完備で、マイカーでのご旅行にも安心。お風呂は市街地にもかかわらず炭酸カルシウム温泉が楽しめる「八幡の湯」で、食事は直営のレストラン「是的菜館」にて本格的な中華料理を味わえます。落ち着いた客室は木の風合いが優しい洋室各種に加え和室も完備、羽毛布団でゆったりとくつろぐことができます。

「ベストイン近江八幡」は、JR近江八幡駅からは徒歩1分、京都駅へも30分と、ビジネスにもレジャーにも拠点としてベストな立地のホテル。50分間貸切りできるお風呂は岩盤浴付きで、岩盤には、カルシウム・鉄・ナトリウム等のミネラル成分を含み、なおかつ雑菌・悪臭などを除去する作用をもつといわれる麦飯石(ばくはんせき)が使用され、日頃の疲れをゆったりと癒すことができます。また、日替わりワンプレートディッシュにみそ汁、野菜、コーヒーなど大満足の朝食やインターネット接続など、無料のサービスもとても充実しています。

世界に誇る観光地、訪れる人を魅了し続ける京都の旅館

本州の中央付近、近畿地方に位置する京都府。細長い地形で、北は日本海に面しています。世界文化遺産登録された神社仏閣が多く存在する日本有数の観光地であり、修学旅行先としても定番となっています。また、国際文化観光都市としても世界に名を馳せ、近年、アジアからの観光客も増えています。そんな魅力にあふれる京都の旅館をいくつか、ご紹介しましょう。京都の旅館が見つかります。

「四季育む宿 然林房」は、古都・京都を五感で感じる旅の宿。2011年4月にリニューアルオープンした、旅情豊かなくつろぎの旅館です。館内には随所に京の伝統が取り入れられ、西陣織や京唐紙など京の匠技を堪能できます。お部屋は、借景庭園「世隔(せかく)」を囲む配置でそれぞれ特色ある装いの3タイプ、計49室用意されています。四季折々の旬の恵みをふんだんに使用した京会席をお部屋または個室でいただけるプランのほか、京都が誇る祇園祭の会場まで送ってくれるサービス付き、大切な記念日のお祝いにハーフワインのサービス付きなど、宿泊プランも多数用意されています。

「和」にこだわったおもてなしの宿「旅庵 花月」は、最新設備にも「和」を纏わせ、京の街なかで「和」に浸ることのできるくつろぎの旅館。客室には生花が活けられ、日本の心を感じられます。お湯は「月下庭園湯」と平成16年に完成した「郷の湯 花渓」、どちらも庭園を臨む趣のある造りで、ともに神経痛や肩こり、疲労回復に効果的といわれます。食事はこだわりの京料理。吟味された旬の食材が、併設の料亭「花伝」伝承の匠の技で仕上げられ、お部屋でゆっくりと味わうことも可能です。

独特の文化に魅了される国内外からの観光客が絶えない京都のホテル

近畿地方の中央から北部に位置する京都府は、言わずと知れた日本でも有数の観光地。永年に渡り都がおかれてきたことから、芸術や習慣に独自の文化が生み出されてきました。日本にある国宝の約20%が京都市内に集中するともいわれる、まさに見どころ満載の都市。国内外からの観光客や修学旅行の学生が絶えず訪れます。そんな京都のホテルをいくつか、ご紹介します。

せせらぎ聞こえる高野川のほとりに位置する「アピカルイン京都」は、緑に囲まれた和のリゾートホテル。モダンな煉瓦造りが印象的な宿です。落ち着いた客室は和室、洋室、露天風呂付きと用意され、お好みに合わせて選ぶことができます。広々とした大浴場に加え、館内にはリラクゼーションサロンも。アロマトリートメントやヘッドマッサージなどで極上の時間を過ごすことができます。また、京都の夏の風物詩である「川床」での夕食を、京の奥座敷・貴船「貴船荘」にて楽しめる送迎付きや、湯豆腐の老舗・南禅寺「順正」での食事付きなど、宿泊プランもユニークで多彩に揃います。

京都西山、洛西ニュータウンの中心地に位置する「ホテル京都エミナース」。「京都 ホテル」なら宿らん!商店街に隣接し、嵐山や鈴虫寺などの観光拠点としても便利な立地です。街中にもかかわらずホテルの敷地内からは単純温泉とナトリウム炭酸水素塩泉の2種類の美肌の天然温泉が湧出しており、広々とした大浴場、露天風呂のほか、立湯、ハーブの季節湯などでも楽しむことができます。ホテル比較サイトはここ!また、ホテルには珍しく16レーンのボウリング場を併設。宿泊客はお得な割引料金で利用できます。

日本海の恵み豊かな港町、城下町としての歴史が香る宮津の旅館

京都市の北部に位置し、日本海の若狭湾に面する市、宮津(みやづ)。細川氏と京極氏によって築かれ、江戸時代以降、城下町、港町として発展してきた歴史を持ち、寺院や建造物などが多く残ります。また、与謝蕪村が愛したとされる寺町一帯や、現役の聖堂としては日本で最古の「カトリック宮津協会」など、見どころの多い地域。そんな宮津の旅館をいくつかご紹介します。宿らんなら”宮津 旅館“が一目瞭然。

「純和風旅館 茶六本館」は、2010年に国の有形文化財に登録された純和風の建造物が、創業から250年以上の歴史を感じさせる老舗の旅館。天橋立へは車で約5分、宮津天橋立ICからは約3分と、アクセス便利な好立地です。客室ももちろん、全室が和室の落ち着く空間で、館内の随所に当時の風潮や職人技が感じられます。お風呂はくせがなく何度も入れる「ピント湯」で、入るほどにお肌ツルツルの別嬪になるとか。食事付きの宿泊プランには宮津の新鮮な魚介を楽しむプランをはじめ、京都牛が味わえるプラン、ボリュームを減らすことで価格をリーズナブルに抑えたプランなどが揃い、お好みに合わせて選べます。

「旅館 髙島屋」は、丹後の心と自慢の味で安らぎを提供する宿。館内最上階にあるお湯は宮津温泉ピント湯、ピンは「最高」「元気」「お金」、さらに別嬪の「ピン」からくると諸説あり、民謡宮津節にちなんだ名だとか。泉質はナトリウム塩化物強塩冷鉱泉で、筋肉痛や関節痛、疲労回復や健康増進などにも効果的。また、食事は季節に応じた旬の会席料理、その日にあがった鮮魚を使った姿造りにしゃぶしゃぶ、時期によっては松葉蟹に寒鰤と、宮津の味わいをふんだんに、ゆっくりとお部屋食にて堪能することができます。

天に架かる橋のごとき絶景を心ゆくまで楽しむ、天橋立の旅館

京都府北部の宮津市、日本海に臨む宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる砂州(さす)、天橋立。天に架かる橋のようにも見えるその景観から、日本三景の一つとされています。ホテル・旅館の口コミなら宿らんがおすすめ。一帯には約8000本にものぼる松が生い茂り、名松百選にも選ばれています。また、近年、男女を結ぶ聖地、「パワースポット」として注目を浴びることも。そんな天橋立をとことん楽しむ近隣の旅館をいくつか、ご紹介しましょう。

天橋立の絶景を一望できる高台に建つ「玄妙庵」は、眺望の中でも著名な飛龍観を、客室はもとより大浴場からも眼下に臨むことができるただひとつの旅館。展望風呂の浴槽に肩まですっぽりと浸かれば、まるで海に浸っているかのような感覚に。また、17部屋ある客室のすべてがオーシャンビュー、気品あふれる日本建築美を感じる空間から、絶景を心ゆくまで堪能することが可能です。天橋立の旅館ならここ!食事は、丹後の豊かな海に育まれた「なまこ」「このわた」「くちこ」などの海の幸、老舗醤油店の本醸造のお醤油、地元の無農薬米から造られたお酢など、吟味された旬の素材を会席で。4名までならお部屋にてゆっくりといただくことも可能です。

全客室から阿蘇海を眺望できる「神風楼」は、静けさと居心地の良さを大切にした大人の旅館。昭和初期の木造3階建てを生かしつつもモダンにリニューアルされた館内で、ゆったりとした旅時間を過ごすことのできる宿です。季節により「ホタル観賞ツアー」や「星空観察ツアー」などのイベントが満載で、レディースプランや食事で選べるプランなど、宿泊プランも豊富。イベントやプランの詳細を確認できる公式サイトからの宿泊予約なら、料金もお得で特典も付きます。